Beautiful girls and flowers

仕事内容

two girl

風俗エステでは、具体的にどのような仕事内容に従事するのか。

率直に言えば、風俗エステとは男性に対して女性エステティシャンがマッサージを施す、そんなお店のことなのです。
正式な「マッサージ」とは異なり、あくまで専門的な資格も技術もいらない施術ですので、未経験の人でも採用されます。

女性エステティシャンは、男性客の肌に直接触れて、色々な場所を揉みほぐしたり、擦ったりします。
これではただのエステとそう変わらない、と思えるかも知れませんが、そこは風俗エステ。
男性客は裸で施術を受け、性的な部分を曝け出したままの状態です。そしてもちろん、性的な部分に対してのマッサージも行います。
ここが、通常のエステと風俗エステで違うところです。そして、風俗エステの「風俗」な部分は、ここに集約されています。

男性の性的な部分に対して触れたり、擦ったり、男性が気持よくなるような施術は行います。最終的には、男性を射精まで導くことも仕事です。
しかし、性的なサービスはそこまでです。女性エステティシャンが服を脱いで裸になったり、男性客からのボディタッチを受けたり、あるいはそれ以上の性的なサービスを、ということにはなりません。
あくまでも、女性エステティシャンから男性に対して、性的な部分まで含めたマッサージを行うこと。これが風俗エステの仕事なのです。

安心の内容

cherubic

風俗エステでは、女性に対してのボディタッチは基本的に禁止となっています。

男性は施術を受ける間、女性エステティシャンに対して触れてはいけないのです。そういうお約束があるお店だと認識してください。
これがあるおかげで、身体に触られることが苦手な女性でも、風俗エステなら働きやすいのです。

また、衣服は着用したままで施術を行うので、裸を見られたくないという女性でも働けます。
一部のお店では、特定のコスチュームを着用したり(コスプレエステ)、上半身だけ裸になって施術を行うような店もあります。しかし、大半は衣服を脱ぐサービスを採用していない、女性にとって働きやすい内容で働ける風俗エステばかりです。
心配であれば、求人に応募する際にその点によく注意して応募するようにしてください。サービス内容として「コスプレ」や「トップレス」がないお店なら、裸になる必要はありませんし、男性客から裸になるよう求められることもありません。

しかし、男性を射精に導くのは女性エステティシャンの仕事です。なので、こちらの身体に触られることはありませんが、男性客の身体には触れていかなければなりません。
性的な部分、つまりは男性器に触れて、主に手コキで性的快感を与えていきます。お店によってはフェラチオも含む場合がありますので、そうしたサービスに抵抗があるという場合には、求人選びの際によく注意するようにしてください。

事前調査

smile

風俗エステ求人であれば、性的サービスに抵抗がある人でも問題なく働けるはずです。
ただ、お店によりサービスの内容は様々、と言ったところからもわかるとおり、お店選びは充分にする必要があります。お店によっては、風俗エステでありながらハードな性的サービスを売りとしているところも多く、そういったところの求人に不用意に応募して採用されてしまうと、当然そのお店が提供しているサービス内容に沿った働き方を要求されます。

求人に応募する前には、必ずその店のサービス内容を確認してみること。これは、その風俗エステ店のインターネットサイトを見ることでわかると思います。
さらに言えば、実際に一度、体験してみることも重要です。対外的にオープンにされている情報からでは、現場の雰囲気はやはりわかりません。現場の雰囲気の合う・合わないはとても重要で、それを知るためには実際に働いてみるしかないのです。

多くの風俗エステ店では、一日体験コースがあります。一日だけ、実際に働く経験をしてみるというもので、もちろんその日働いた分の給料をもらうことができます。
実際に雇用契約を結ぶ前に、そのお店の雰囲気を知ることもできるためお勧めです。もし一日体験してみて自分には合わないと判断できたなら、そのお店を諦めて別のお店をまた探してみてください。

beautiful lips

経営形態

風俗エステに限らず、風俗店に女性が足を運ぶ機会などほとんどないでしょう。客として想定しているのはやはり男性が主ですから、女性が客として利用することはまずありません。
ということは、風俗店がどういうお店なのか、女性は知ることが難しいと言えます。もちろん、ある程度の情報はインターネットや求人票などを見て知ることもできるでしょうが、実際にそのお店がどういう経営をしているのか、客層はどういう感じなのか、それを実際に知ることができるのは求人に応募して採用され、初めてお店に出るときです。
それはちょっと遅いのでは、もっと早く知りたい。そう考える女性も多いと思いますので、風俗エステはどのような形態で、どういった客層が中心なのかを軽く説明していきます。

まず、風俗エステの経営形態は二種類あります。
一つは、実際に店舗を持ち、その店舗内で男性客に対して女性エステティシャンがマッサージを行う「店舗型」。
もう一つは、店舗を持たないか、店舗はあるものの、店外の指定した場所まで女性エステティシャンが足を運んでその場でサービスを行う「無店舗型」です。特にこちらのことを、出張風俗エステ、と呼ぶこともあります。

経営形態が異なれば、客層も異なります。
前者では、そのお店がある地域の近くで働いていたり、通りかかることの多い客層がメインとなるでしょう。後者の無店舗型では、自宅をサービスの場所として指定する人が多く、客層も幅広いため絞りきれません。
しかし、無店舗型は通りかかったときにたまたま見かけて、というような動機ではなく、このお店の出張風俗エステを利用したいと考えて利用することになるため、風俗店の利用に慣れている人が客層として多いと思われます。